税理士の苦悩の日々を告白


by pgzvhpe5kp

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 岡田克也外相は4日午後の退任会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する日米合意について、「閣議で決めたものだからもちろん尊重される。内閣が代わっても変化がないことは当然だ」と述べた。
 岡田氏は日米合意で8月末までの代替施設の建設場所や工法の決定を明記していることに対し、「完全に沖縄側の理解がないと前に進まないということではない」と強調。沖縄県側が政府方針に反発していることには、「当然、反省すべきところはたくさんある。期待感を非常に高めてしまった」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」

<鉄道友の会>ブルーリボン賞にJR東の成田エクスプレス(毎日新聞)
負けず嫌い、菅家の話題は政治…妻の伸子さん(読売新聞)
代表選は4日、会期延長せず 小沢氏ら執行部も辞任(産経新聞)
<菅首相>「報復人事、ない」小沢封じ込めは観測気球か(毎日新聞)
警察に電話「養子縁組、狙われてる」 遺体発見女性の携帯に履歴(産経新聞)
[PR]
by pgzvhpe5kp | 2010-06-11 18:15
 日本の公害裁判の経験を中国に伝えようと、日本弁護士連合会(日弁連)が4大公害訴訟、アスベスト訴訟など重要裁判の事例集を作成し、今夏にも日中で同時出版する。公害裁判で積み上げた被害者救済策を中国に紹介する初の試み。取りまとめの中心になった村松昭夫弁護士(大阪弁護士会)は「急成長を遂げる中国で、かつての日本のような公害被害が増えている。日本の経験を生かしてほしい」と話している。

 事例集は4大公害訴訟と呼ばれたイタイイタイ病、水俣病や、近年、被害拡大が注目されているアスベスト(石綿)訴訟、産業廃棄物の不法投棄が続いた豊島訴訟など14事例を集めた。各訴訟に携わった弁護士が執筆を担当し、概要だけでなく、公害被害の原因をどう突き止め、立証したか、被害者救済制度をどう作ったかなど具体的な方法論が書かれている。

 中国で公害被害者の救済に取り組む中国政法大(北京)の王燦発教授らが村松弁護士に持ちかけた。中国語版は同大が中心となり出版する。【石戸諭】

【関連ニュース】
福知山線脱線:指定弁護士が会見 JR西歴代3社長起訴で
弁護士バー:東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず
多重債務相談会:県弁護士会、来月19日に無料で /香川
相続・遺言お悩みダイヤル:奈良弁護士会、来月1日から /奈良
市民のための憲法講座:29日、久留米・弁護士会館で /福岡

サッカー日本代表も七転び八起き!?(産経新聞)
【無名録】できる範囲でエコ長屋(産経新聞)
「農家の理解が強制処分の前提」農水副大臣(読売新聞)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
<放送法改正案>衆院で可決(毎日新聞)
[PR]
by pgzvhpe5kp | 2010-06-01 19:53