税理士の苦悩の日々を告白


by pgzvhpe5kp

白いビーチが真っ赤!…土佐清水市の大岐浜(読売新聞)

 高知県土佐清水市の大岐浜で、海水が赤く染まる現象が続いている。

 イギスと呼ばれる紅色の海藻が潮の流れで集まったため。赤潮とは違って無害で、刺し身のツマなど食用にもなるが、見た目は血で染まったようにも見える。徳島県から訪れたサーファーは「赤潮かと思った。少し気味が悪い」と話していた。

 同浜は足摺半島の付け根にあり、延長1・6キロの白砂青松で知られる。岩場で育ったイギスは4月頃から浮遊。ほぼ毎年、潮流の具合で同浜に流れ込み、5月中旬までに大半が枯れて消えるが、県土佐清水漁業指導所の松浦秀俊所長は「今年は3月以降の長雨で海水温が上がらず、枯れるのが遅いのでは」と分析する。

<憲法改正>国民投票法施行で記念集会 野党の30人出席(毎日新聞)
<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)
認知症対策の先進地・大牟田市の取り組みを紹介(医療介護CBニュース)
雑記帳 ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
「前政権のこと」激しい応酬=電気工事技術講習センターめぐり―事業仕分け(時事通信)
[PR]
by pgzvhpe5kp | 2010-05-26 13:05